ヤカンの注ぎ口を改良2013年12月30日 11時40分25秒

ヤカンといえばお湯を沸かすだけの道具でくだらないと言われるかもしれませんが・・・

コーヒーを美味しく呑みたいと思う私にとってこの注ぎ口が重要何です。 買ってきたばかりの安いヤカンは、普通にちょろちょろと細く注ごうとすると底のほうにお湯が廻ってしまってビチョビチョになります。

昔のまともなヤカンはそこはよく作られていてそんな事はなかったような・・・。(今でも高価なヤカンはちゃんと注げるかも、笑)

そんなことを書くと高価なヤカンを買えば良いのだ!と言われそうですが、貧乏な私は安価なヤカンを一工夫です。

ほんのちょっと注ぎ口の先を良いカーブに曲げるだけで、ゆっくり細く長く?注いでもお尻にお湯が廻らない様になります。

是非お試しを!!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログは○○じるし研究院のブログですが、さて○○は2文字は何でしょう?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hmg.asablo.jp/blog/2013/12/30/7168836/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。